加齢臭とアンチエイジング

加齢臭が発生するメカニズム

加齢臭というのはその名の通り、加齢とともにその症状が出てきます。

そもそも、加齢臭といのはどういった構造でその症状が発症するのでしょう。

加齢臭というのは、まず毛穴のもっと奥に存在しているような「皮脂腺」より脂が身体の表面へと出てきます。

そしてその脂が酸化することであの独特な強烈な臭いを発します。

ちなみに、この酸化した状態の物質を「ノネナール」と呼びます。

ではこの過程の中で、どこを抑えればより効果的に加齢臭の対策をすることができるのでしょうか。

鍵は酸化

先の過程の中で酸化を防ぐことにより、より強い加齢臭対策が期待できます。では酸化とはどのように防げばよいのでしょうか。

まず、知っておいてもらいたいのは、加齢臭の発生が一番多いころ、つまり40代50代に人間というものは著しく抗酸化能力が衰えていくということです。

こういったところからも酸化が加齢臭対策のカギを握っていることが分かりますね。

ではどのようにそんな失われつつある抗酸化能力を得ていけばよいのでしょうか。

まず一番に見てほしいのが食生活。抗酸化を手助けするの力のある栄養分はビタミンCそしてビタミンEであると言われています。

そしてさらに食生活の面においては脂分の多いものは防ぐようにしておきましょう。

もちろん抗酸化力を高めておくことも大切なのですが、その元である脂分の摂取を意識することもまた効果があります。

若くあれ

これはつまり端的に言ってしまえば健康であれ、と若くあれと言っているのです。

最初に話したことを復唱してしまいますが「加齢臭の原因は老化」です。

老化により身体は見えないところでも出来ないようになることが増えていきます。

ですからそれを防ぐために、そして和らげるために生活習慣を、さらに食生活を見直す必要があるわけです。

これはアンチエイジングという概念にも通ずるところがあります。

身体を健康に保ち、若く保つことで老化による衰退、劣化をできるだけ防ぐ。そういったことも加齢臭対策には非常に重要です。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。