加齢臭と頭の臭い

頭から感じる加齢臭

頭から漂う鼻につくような加齢臭、悩まされている人も多いのではないでしょうか。

加齢臭というものは、皮脂腺から分泌される脂肪酸というものに原因があります。

毛穴の奥に潜んでいる皮脂腺から脂肪酸が分泌され、それが空気に触れ、酸化することであの独特な加齢臭がするのです。

ですから、頭の加齢臭もそれらと同じく頭皮に備わっている皮脂腺が原因となっています。

では、加齢臭の構造が分かったところで、そんな頭皮からの加齢臭はどうやって対策をすればよいのかを紹介していきましょう。

頭皮の清潔を保つためにこころがけておきたいこと

頭皮を清潔に保つためにはシャンプーという行為にその重きが置かれます。

よくないシャンプーをしていては加齢臭は一向によくなりません。

ではどのようなシャンプーをすればいいのか?説明していきましょう。

シャンプーの選び方

加齢臭対策はシャンプーそのものを選ぶところから始まります。

まず第一に、洗浄力が強すぎるものはできるだけ避けましょう。

確かに、頭皮の脂を取り除くことは清潔を保つ上で重要ではあるのですが、やりすぎはよくありません。

必要以上に頭皮の脂を洗いとってしまうと、それを察知した身体が皮脂腺に命令を出し、頭皮の乾燥を防ぐために今まで以上に皮脂を分泌するようになります。

こうなってしまっては本末転倒です。加齢臭は今までに増して強烈になってしまいます。

シャンプーの仕方

ここではいかに頭皮に、そして毛髪に良いシャンプーを行うか、その方法を紹介していきます。

まずシャンプーをする前に十分にお湯で頭をすすいでおいてください。

これだけでも頭皮はかなり綺麗になります。

二番目に爪は立てずに洗ってください。頭皮を傷つけることは皮脂腺のつまりに繋がります。

またトリートメント等はできるだけ頭皮にはつけないように、髪の先側のみにつけてください。

トリートメント等は脂を十分に含み、それが頭皮についてしまうと逆に加齢臭を加速させてしまうおそれもあります。

これらを意識して頭皮を大切にしていれば自ずと加齢臭は薄れていくでしょう。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。