加齢臭と関係するDHTの対策

臭いの発生とホルモンの関係

男性ホルモンって増えれば増えるほど男らしくなり、筋肉を作りやすくしたり、性欲を高めたりして、人々が生きていくためにはとても重要なものになります。

ですが、男性ホルモンというものは、ホルモンバランスの乱れによっては悪いものになることもあります。

実は、加齢することにより促進される抜け毛や加齢臭などは全て男性ホルモンの乱れによって発生するものなのです。

女性が男性より薄毛や加齢臭に悩みにくいのは、男性ホルモンより女性ホルモンのほうが多くの割合で分泌されているからです。

まず男性ホルモンというものは、別名テストステロンというホルモンで、これが生活習慣の乱れによってDHT(5aリダクターゼ)が分泌され、ジヒドロテストステロンに変わってしまうと、これが悪い働きをしてしまいます。

ジヒドロテストステロンとは、抜け毛の促進や体毛・髭の増加、加齢臭や皮膚の脂を増やすなどのデメリットの働きしかしない悪性ホルモンです。

女性には男性ホルモンが少ししか分泌されていないので、例えジヒドロテストステロンが分泌されたとしても、影響は男性に比べると全くありません。

女性ホルモンが男性ホルモンの働きを阻害しているので、女性は体毛が濃くなったり、加齢臭は出にくくなります。

DHTの抑制方法

テストステロンがDHTによってジヒドロテストステロンに変わってしまうのを防ぐためには、DHTを出さないことをしなければなりません。

では、どんな方法でDHTを抑制すればいいのでしょうか?

1つめは、サプリメントの摂取です。

亜鉛とノコギリヤシはDHTを抑制してテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを防ぎます。

それに平行して、食生活で脂っこい食事を出来るだけ摂らないようにします。

もう1つ、究極の抑制方法は自粛行為の禁止です。

これをオナニー禁止と言いますが、今の男性は平均で週2,3回くらいオナニーをしているので、この数を減らすことによりジヒドロテストステロンを減らすことが出来るでしょう。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。