加齢臭ってどんな臭い?

臭いは1つではない!

加齢臭って臭いのは確かなのですが、それってどんな臭いなのでしょうか?

実は加齢臭って臭い自体は決まっておらず、人によって臭いは違います。

ですが、やはり臭いを例えるとしたらブルーチーズというものに近いと思います。

臭い食べ物はたくさんあるのですが、納豆の臭さとはまた違うのです。

まず臭いの違いとして知っておいてほしいのは、スポーツマンなどが適度に汗臭いことを好む女の子は意外にも多くいるのですが、加齢臭を好む女の子は全くと言っておらず、好まない人が90%以上の割合でいます。

このことから、汗臭い臭いとはまた別なものとなります。

食べたものがそのまま臭うケースは、全て一時的なもので入浴や歯磨きで全て落とすことが可能なのでありません。

中高年の人は居酒屋の臭いがそのまま洋服などに付くケースや、タバコの煙に臭いが喫煙所などで付くケースがとても多いです。

これは全て体から臭いを発しているのではないので「タバコ臭い」や「酒臭い」と言われてもタバコやお酒が好きな人にはそれほど影響がありません。

では、日本でブルーチーズが好きな人は果たしているのでしょうか?

また、食べたことがない人も多く、日本人は外国人と比べてこのブルーチーズの特有の臭さを嫌う傾向が強いです。

あの「くさや」にも匹敵する!?

自分もブルーチーズの臭いを1度嗅いだことがあるのですが、この臭いはタバコやお酒、ニンニクなどとは比べものになりません。

もしかしたら、日本で臭い食べ物の代表的な「くさや」にも匹敵するのかもしれません。

正直この臭いが体から出ていることは周りに不快に思われても仕方のないことだと思います。

ですが、あくまでこれは1例の臭いなので、臭いが発生している人の全てがこの臭いではないので安心してください。

このような臭いは加齢によっていつかは発生するものではなく、またこれを食べたから体が「~臭い」となるわけでもないので、対策としては食べ物を制限するのではなく、バランスよく食べることを心がけることです。

おすすめの加齢臭対策ボディーソープはこちら

当サイトがおすすめしているボディーソープになります。


【AGICA】お得にニオイ対策をはじめるなら

ノネナール99.8%除去。様々なメディアにも取り上げられており、安心の無期限返金保証付きです。