日本人と外国人の加齢臭に対する違い

外国人と日本人の臭い強さの違い

みなさん、日本人と外国人ってどちらの方が加齢臭の臭いが強いと思いますか?

見た目や体格など色々な違いを考えると、ほとんどの人が外国人と答えるでしょう。もちろん、この答えは外国人の方が強いです。

この原因はいくつかあるので、1つずつ説明していきましょう。

まず最もの原因は、食事です。食事と言っても、食べる量・栄養バランスの意識・食文化など色々あって、日本に比べてファストフード店が多いことも原因の1つです。

正直、外国人は野菜を食べることはあっても、それよりもはるかにお肉や脂っこいもの(動物性たんぱく質)を食べる量が多いので、野菜でカバーしきれていないことがあります。

次に多いのは、男性ホルモン(テストステロン)の差です。

日本人と外国人のアスリートやボディービルダーの筋肉の大きさを比べてみてください。明らかに黒人達の筋肉が目立つでしょう。

これは筋力トレーニングの追い込みや量の差ではなく、テストステロンが黒人の方が圧倒的に多いので、結果的に大きさにも差がでてしまうのです。

テストステロンの働きは、顔や体を男らしくする・筋肉をつきやすくするなど男性にとっては良いことがたくさんあるのですが、テストステロンの量が多いほど良いことがたくさんあると同時に、その分悪い害も多くなると考えてください。

なぜなら、テストステロンはジヒドロテストステロンという悪性ホルモンに、生活の乱れやストレスによって変わってしまう性質があるからです。

ジヒドロテストステロンは抜け毛や体臭・体毛の増加などマイナスの要素が多く、外国人はテストステロンが多い分、ジヒドロテストステロンも多くなってしまうので、その害の体臭が強くなってしまいます。

外国人は臭いを気にしない

実は、外国人って日本人とは違い、全く臭いは気にせずにケアをしない人が多いのです。

気にしていたとしても、日本人よりも神経質ではないので、対策はしなくていいだろうという考えもあると思います。

ですが、加齢臭は気にしなくても口臭には敏感なので、結果的に口臭を改善しようとして生活習慣を改善して加齢臭も改善されることがあるでしょう。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。