加齢臭の原因になる成分とは

加齢臭の主な原因2-ノネナールとは

2001年4月にJournal of Investigative Dermatologyという書面に株式会社資生堂の研究機関の職員である土師真一郎たちによって、加齢臭の要因の一種が2-ノネナールだということが公表されました。

「加齢臭」という単語は、土師たちによって「歳を取ることによって身体の臭いは変わる」といった意味内容を表す単語として名前をつけられました。

この2-ノネナールという身体が臭う化合物を構成している純物質は青草から発するような臭いと脂のような臭いを双方持っています。

男性の場合は40歳代より後、女性の場合は月経が止まった後に増えていきます。

歳を取るとともに増えてノネナールが生まれる要因のものの一種は9-ヘキサデセン酸です。

9-ヘキサデセン酸は無臭ですが、それが分かれるとノネナールが生まれるので、分かれた後の9-ヘキサデセン酸は、蝋燭やチーズや古本のような香りがします。

加齢臭の対策として9-ヘキサデセン酸の分かれることの抑えには酸化還元剤と抗菌剤が効き目があります。

臭いの対策としては肉体をきれいに保持し、機能性香料もしくはミョウバン溶液を用いることが効果的です。

ノネナール以外にもある加齢臭の原因

2008年11月にライオン株式会社が特に男性に見られる身体の臭いについて臭いを消す薬の真理を明らかにすることを目的として、特に20代後半から30代に見られる香りについて真理を明らかにし、2-ノネナールの臭いとは違った、ペラルゴン酸を要因とした歳を取ることに伴う香りがあることを見つけて公表しました。

このペラルゴン酸の生成を抑えることで加齢臭の対策ができます。

2013年11月に株式会社マンダムが30代から40代の男性の悪い臭いの要因として、ノネナールやベラルゴン酸とは違った成分を見つけて公表しました。

40歳をメインとした男性の頭の辺りからはジアセチルという物質が数多く生まれており、20代の男性と比較して快くない強烈な脂のような臭いを放っています。

ジアセチルという成分は酢の120倍ほどの強い香りです。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。