加齢臭とハゲにはどんな関係があるのか

加齢臭とハゲにはホルモンが関係していた

加齢臭とハゲ、この両者はあまり関係がないと思われますが、どちらもホルモンによる影響があるのです。

ホルモンバランスによって、加齢臭やハゲが出るか出ないかで体に現れます。

女性の場合、女性ホルモンが多いため、加齢臭が出にくかったりハゲに悩まされることがなかったりします。

女性ホルモンは男性にも少しあります。しかし、ホルモンバランスを整えるにはなかなか難しいものです。

では、どうすれば加齢臭とハゲを防ぐことができるのでしょうか。

人はどうしてハゲてしまうのか?

ハゲの原因は一般的に、男性ホルモンのバランス・ストレス・食生活・たばこが原因とされています。

食生活が偏ったり、たばこを吸っていたりすると、後に頭がハゲていく可能性があります。

この2つは自分で何とか変えることはできますが、あとのホルモンバランスやストレスに関してはなかなかコントロールしづらいもので、どうやって改善したらいいのかわかりません。

ハゲを抑えるために効果的なのが有酸素運動で汗をかくことであり、これは加齢臭対策でも効果があります。

食べ物に関してはちりめんじゃこや大豆がハゲ予防になると言われています。

ちりめんじゃこは髪の毛を太くする効果があり、大豆は植物性たんぱく質が多く含まれているため、ハゲを防ぐ効果があります。

また、亜鉛が足りないとハゲてしまうと言われているので、亜鉛を多く含んだ食品またはサプリメントで亜鉛を補います。

同時に対策をとるほうが効果的

加齢臭とハゲはホルモンの影響によるものだという共通点があり、対策はどちらも似たようなことをするので、同時に取り組むことができます。

適度な運動とストレス解消、たばこの喫煙量の改善をすることで、どちらにもいい効果が表れます。

先ほど、ハゲには大豆がいいと言いましたが、これは加齢臭にも効果があり加齢臭を出すことが少なくなります。

食生活ではお肉より大豆からたんぱく質をとるほうが、加齢臭にもハゲにも効果があるのです。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。