加齢臭と香水の関係性

加齢臭を香水でカバーする意味

加齢臭を防ぐ対策として、香水をつけるといったことをする人が多いです。

しかし、香水をつけるだけでは加齢臭は消えることはないです。

むしろ、加齢臭を他の臭いで被せて、香水のにおいを体から漂わせているだけなのです。

また、香水の付け方によっては、周りの人に不快感を与えかねないのです。

加齢臭対策で香水をつけるのなら、まず最初に香水の種類に関することを知っておいたほうがいいでしょう。

香水には様々な種類があり、それぞれ持続する時間が異なるため、香水の効果がなくなれば改めて香水つけなければならなくなります。

パルファムという香水は、1滴つければ5時間~12時間もの間に効果を発揮します。

オーデコロンは体の1か所に1プッシュすれば、2時間ほど効果があります。

香水は体温により、下から上に香りが上がってくるものです。

付けるときは足元などに付けるのがよく、耳の後ろや手首などに付ける場合は少量にすればよいでしょう。

耳の後ろなどは、加齢臭が特に気になる人におすすめの場所です。

加齢臭に香水、この2つは相性が悪い?

加齢臭を抑えるために香水をつける人が多いのですが、実は加齢臭と口臭の関係性は本来よくないものなのです。

加齢臭の臭いに香水の香りが混ざると、化学反応を起こして、さらにひどい臭いになることがあります。

香水のにおいでカバーすれば何とかなるだろうと思いますが、実はそれによって、さらに周囲の人々に迷惑をかけているのかもしれません。

軽い気持ちで香水を利用すると、かえって迷惑になってしまうこともあるので、香水を利用するときは注意が必要です。

香水以外で何が効果があるのか、と思う人が多いですが、これには加齢臭対策に効果がある消臭スプレーを使えば、手軽に加齢臭を抑えられます。

これを使えば、外出先でも気になった時に使うことができるので安心です。

また、日ごろのケアとして加齢臭対策に効果がある石鹸やサプリなども使ってみましょう。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。