加齢臭を感じるようになる年齢

40歳から加齢臭が出始める

年齢の増加とともに発生してくる体の臭い、それが加齢臭です。

加齢臭は自分でも気づかないことがあり、周りの人にも迷惑をかけてしまうこともあるのです。

加齢臭は「油のようなにおい」などとも表現されています。そのような臭いは体の皮脂腺というところから出ているのです。

また、加齢臭が出始めるのは、40歳になってからだと言われています。

40歳から皮脂腺からノネナールという成分が多く出るようになり、それが原因で加齢臭を感じるようになるのです。

人間は皮脂が出ることによって皮膚や髪の毛に潤いが保たれます。

皮脂の中には9-ヘキサデセン酸が含まれていて、これが酸化や分解を受けることにより、ノネナールとなるのです。

また40歳から活性酸素を減らすシステムが弱くなることで活性酸素が増えることから、9-ヘキサデセン酸の酸化が進み、ノネナールが多く発生するようになるのです。

しかし、男性の場合は60歳から男性ホルモンの分泌が減ることで皮脂の分泌も減り、加齢臭が弱まっていくようになります。

女性でも加齢臭は気になる?

加齢臭が発生するのは、男性に多いイメージがありますが、女性からも加齢臭が発生することがあるのです。

女性も男性と同様でノネナールの増加により加齢臭が発生します。

発生する時期は、女性ホルモンが減少していく30代後半から40代にかけて発生すると言われています。

女性ホルモンには皮脂分泌を抑える効果があり、更年期を過ぎたあたりからそれが減少傾向になり、皮脂腺に対する役割が弱まっていくため、加齢臭が出やすくなってしまうのです。

男性は30代からも?

男性の場合、加齢臭は40歳になってから出ると言いましたが、実は30代でも特有の臭いが出ることが言われています。

これはノネナールとは別のべラルゴン酸によるもので、体幹部から出る皮脂が酸化することで発生し、20代後半からでも出る場合があります。

20代後半を超えると年齢に関係なくいつでも加齢臭が発生する可能性があります。加齢臭を発生させないためには日々の生活習慣やケアにかかってきます。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。