ノネナールと加齢臭の関係

ノネナールが原因?

皆さんは、加齢臭がどのような構造で発生するのかを知っていますか。

あまり知られていないことですが、加齢臭というのは脂の酸化によって引き起こされます。

毛穴の奥にある皮脂腺という器官から脂が分泌されます。この脂がノネナールと呼ばれます。

ノネナールが空気に触れ、酸素と結合し酸化することで、独特の鼻につく臭いを発するようになり、これが加齢臭とよばれます。

ですから、加齢臭を対策するためには端的な話、このノネナールの分泌を防げばよいのです。

現に加齢臭の薄い人はこのノネナールの量が少ないです。

逆に加齢臭のキツイ人は脂の多く、ノネナールの多い人です。

ではノネナールの発生をどのように防ぐのか、紹介していきましょう。

食事に気をつける

脂が過剰に分泌されてしまうということは、その摂取に気をつければよいのです。

脂を摂取する手段とはなんでしょうか、そうです食事です。

そもそも加齢臭は健康面を写しているような面もあり、体質が良い人は中々加齢臭はしません。

ですから加齢臭に頭を抱えている人は一度食事習慣を見直してみましょう。

そもそも40代50代は身体の脂の酸化を防ぐ能力が薄れていくので、食事面で気をつける必要があるでしょう。

具体的に脂肪の摂取を減らし、ビタミン(中でもC、E)を摂取し、飲酒喫煙を控える等です。

洗髪、入浴に気をつける

入浴は身体についた雑菌を落とす絶好の機会です。ですから、しっかりと効果的な方法で行いましょう。

洗髪に関しては、頭の雑菌を殺し脂を落とすのが目的ですのでそれが効率的に行えるように、が基本になります。

まずシャンプーをする前にお湯で十分頭をすすぎましょう。これだけでもかなり脂が落ちます。

そして頭皮を傷つけないように爪を立てず洗髪が終われば、しっかりとお湯でシャンプーを落としてください。

残ったシャンプーは雑菌にしかなりません。

そして洗髪が終わればドライヤー等でしっかり髪を乾かしてください。

髪に残る水分もこれもまた雑菌に変わります。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。