加齢臭と生活習慣病の関係

加齢臭と生活習慣

生活習慣を100点満点で例えると、バランスのとれた食事・適度な運動・最低6時間以上の睡眠・禁煙の4つを全て完璧に出来ている人が生活習慣で100点満点になります。

よく考えてみてください。加齢臭を無くそうと思って生活習慣を改善して臭いが完全に無くなった時って、臭いが無くなった以外にもメリットってたくさんあると思いませんか?

生活習慣で100点満点の人は日本にも10%いるかどうかで、何かしら欠けてしまって90点や80点になってしまっている人が多いと思います。

ですが、その中で最も生活の鍵を握っているのがバランスのとれた食事で、適度な運動が欠けた場合は80点だとしても、バランスのとれた食事が欠けてしまうと60点になってしまいます。

この理由は、食事というものは腸内年齢や体内年齢などに大きく関係しており、例え最低6時間以上の睡眠と適度な運動が欠けてしまって生活習慣が60点になってしまったとしても、バランスのとれた食事でカバー出来るだけの力を持っているからです。

加齢臭とはどういったメカニズムで発生するのか

端的に説明するならば、身体の内側より特殊な脂が分泌され、その脂が空気に触れ酸化することであの独特な臭いを発するというつくりとなっています。

つまりその要因はより原理的に言えば、脂の量であり、酸化を防ぐ抗酸化能力の低下です。

これらは身体が正常に機能しており、傷つけるような真似をしない限りは驚嘆名ことにはなりません。

ですが、そういった平穏を乱すような生活をしていると、身体の器官が見える所でも、見えないところでも壊れ始めてしまいます。

そうなってしまうと加齢臭のみならず身体中が様々な病気にむしばまれてしまうようになります。

ですから、加齢臭というのは「今身体がそういった危険状態にあること」を見ることができる一種のバロメータ的な役割を持っているともいえます。

加齢臭と生活習慣病

加齢臭がするようになったら一度、生活習慣を見直してみてください。

というのも、あなたの加齢臭が生活習慣の乱れから由来するようなものである場合、それは生活習慣病を引き起こしてしまうおそれがあるからです。

加齢臭とは今必死にその身体の危険を文字通り身を持って教えてくれているのです。

加齢臭の強い人と生活習慣病の人との共通点

加齢臭の強い人と生活習慣病の人には多くの共通点があることがあります。

箇条書きに列挙していくと、飲酒喫煙、暴飲暴食、睡眠不足、ストレス過多、運動不足など。

これらは身体の不健康を引き起こす要因であるといっても過言ではありません。

これらがきっかけとなり、動脈硬化、肝臓などの臓器障害を引き起こしてしまう恐れが多くあるのです。

ですから加齢臭をきっかけとして転がるように次々と身体が悪くなっていき生活習慣病を引き起こしてしまう可能性は多大にあるのです。

なので、加齢臭がするようになり、自分の生活習慣にすこしでも危機感を覚えたのならば、いち早く病院で診断を受けることをオススメします。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。