他人の加齢臭を感じたら

他人の匂いは気になるもの

他人の加齢臭が気になる場面、ありますよね。

家族、職場。年配の方と会う機会が多ければそれほど加齢臭の人と巡り合う確率が高くなるのも事実です。

ですが加齢臭というのは中々指摘しずらいものです。だけれども耐えているのもつらい。

加齢臭がそこまで臭わないものならばこうやって皆が気にしているわけがないのですから。

ですから気まずい思いもせず、なんとか事態を改善する方法をいくつか紹介していきましょう。

加齢臭対策グッズをプレゼントする

言葉に出すには勇気が足りない。そんな場合にはこの方法がオススメです。

まず、プレゼントされたものを見て相手が自身の加齢臭に気づいて、勝手に対策をするようになる、というパターン。

相手が自身の加齢臭を指摘されたことに気づいても、プレゼントという体裁をとり、好意のもとにプレゼントをしたことに気づいてさえいれば逆上されることもありませんし、平和的な方法であるといえます。

また、もう一つあるのが相手がプレゼントを見ても自身の加齢臭に気づかない場合、あるいは故意に気づかせない方法。

これはプレゼントが消臭効果のあるシャツであったり、日常的に使うボディソープであったりする場合により効果的ですね。

しかし、相手がプレゼントを気に入らず継続的に使用しなければ、その意味はありません。

ですがその点にさえ気を付けていればこれもまた平和的解決が望めます。

直接言ってしまう

なんだかんだと理屈をこねてはきましたが、これもまた直球で意味があります。

誰だって、自分が加齢臭を出しているのならばそれを知っておきたいはずです。

だからちゃんと「あなたからは加齢臭がする」ということを知らせてあげるといのは一種の優しさであり、そもそも相手のためを思った最善の方法なのです。

ここで気をつけておきたいのは、言い方です。

立場、場面、相手の機嫌、相手の性格など様々な要素を加味して最善のポイントで最善の言葉をかけてあげましょう。

自分の身近な人が強い臭い(体臭や口臭)を発生させてしまっていたらあなたはその人への対処法としてどうしますか?

それが仕事先の人や、あまり面識がない人などの場合などは絶対に「加齢臭があります」なんて言葉は言えないと思うし、正直な人でも加齢臭があるのが先輩やベテランの人だったら何も言えないと思います。

やはり、それを言えない人は気を使っているつもりで何も言わないのですが、心の中では毎日のように臭いと思われているので、いつの間にか臭いが強い人からは離れていく傾向があります。

このようなことはよくあることで、口には出さず、でも臭いには耐えられずいつの間にか行動に出てしまうということは電車の中では日常茶飯事ではないでしょうか。

人は自分が臭くても気が付かないことは嗅覚の関係上はしょうがないことなので、確かに臭い人が気付かずに近寄ってきても当然イライラしますが、これは悪気はなく誰かが面と向かって指摘しないと改善しようがないのです。

ですが、心の中で思っていても口には出せないこともしょうがないことなので、やはりこのような場合、家族が思っていることを指摘する必要があります。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。