20代から始まる加齢臭とは

えっ?20代から!?

みなさん、加齢臭って気にしたことありますか?

一般的に加齢臭とは、40代を過ぎる頃から発生することが多いのですが、不規則な生活習慣やストレスの溜まっている日々、喫煙などにより20代から発生することもあります。

加齢臭と直接関係してくるのは、自分の年齢ではなく、自分の体内の年齢なのです。

例えば、年齢が20代でも、ストレスや生活の乱れによって見た目が30代後半から40代に見えてしまう人や中高年が発症するような病気にかかってしまった人がいるとします。

この人たちは自分の年齢は20代でも、体内の年齢は30代を過ぎているということです。

つまり、自分の年齢ではなく、自分の体内年齢が加齢していくと加齢臭というものは発生してきます。

40代でも見た目が30代に見える人や、80代でも何の病気もなく健康に過ごしている人はたくさんいます。

この人たちはみな、体内年齢が自分の年齢よりも若いのです。

ですから、加齢臭が気になってくる年齢は人によって大きく異なります。

発生年齢は平均的に40代とはなりますが、現代の日本は野菜を摂ることよりも、肉を中心的に摂るようになってきています。

逆に野菜中心の食生活に変化してきたらどうでしょう。

食生活という原因の一つを改善するだけで加齢臭の発生年齢は50代に近づくと思います。

また、タバコが何かの原因で製造中止となったらどうでしょう。同じく発症年齢は遅れると思います。

日々の対策で体内年齢を若く

人は1年に1度、1歳ずつ年をとっても、体内年齢は人によっては1年に2歳でも3歳でも年をとることがあります。

逆に言えることは、1年に年をとらないこともあります。

自分でできる対策としては、正しい生活習慣や飲酒、喫煙を控えることで体内年齢を若々しく保つことです。

ですが、これ臭いが発生する前にもした後でも共通してくることです。

もう発生しているから無理だって思っている人も、改善することは可能です。

体内年齢の若返り効果を期待して、日々の対策をしっかりしていき、これから頑張っていきましょう。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。