加齢臭におけるスプレーの役割

加齢臭のためのスプレーの役割

臭いの対策として売られているスプレーはたくさんありますが、あくまでもスプレーの役割は臭いを改善することよりも、そのスプレーの匂いで自分の臭いを隠していると思ってください。

スプレーをしてもしばらく経つと自分の臭いに変わってしまっても、それはスプレーの役割を果たしていることになります。

どんなに自分の臭いを隠しても、汗をかいたり、自分の臭いが強すぎてしまうとすぐにスプレーの匂いが自分の臭いに負けてしまします。

なので、加齢臭対策スプレーを買った場合は、同時に自分の臭いを弱くすることが大切です。

こうすることでスプレーの効果を最大限に発揮でき、1日中スプレーの効果は持つでしょう。

また、逆を言うと、スプレーをすれば完全に臭いは消えるから大丈夫だろうと思っていると、スプレーを無駄にしたり、更に臭いが強くなってしまう場合があります。

この理由としては自分の臭いが強すぎる場合、いくらスプレーを使っても隠しきれない場合や、自分の臭いとスプレーの臭いが混ざってしまう可能性があるからです。

ですからスプレーを購入する場合は、それと同時に自分で加齢臭を対策(食生活・睡眠・適度な運動・禁煙など)する覚悟を持たずに、スプレーだけに頼ろうとするならそれは自分の臭いを更に強めることになります。

最大限に購入した加齢臭対策スプレーを効果的に使いたい場合、自分で生活習慣を見直しましょう。

根本的な解決になる!

加齢臭の原因の80%が腸内年齢や体内年齢の老化であって、実年齢の加齢は20%程度しかありません。

スプレーの効果を最大限に発揮させるために生活習慣の改善を行うと、それと同時に腸内年齢や体内年齢の若返りによって、臭いが気にならなくなります。

家ではスプレーはしないとして、それでも家族に臭いが気になくなったと言われたら「もうスプレーは必要ないんじゃないか」の思うはずです。

スプレー無しで臭いが無くなったとしたら、あなたはもう物に頼ることもなく、臭いに悩むことも永久的になくなります。

おすすめの加齢臭対策石鹸はこちら

当サイトがおすすめしている渋柿石鹸になります。


柿渋石鹸

柿渋エキスなどニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。また今ならセット購入で20%オフ。